×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


                日記34話

           (注)今回は小話16話の続きなので、先にそちらを読んでからお読み頂けると幸いです。


 SAGA12実装翌日 戦闘庭フレイヤ


ノレンガルド「うう、早朝の甲板掃除寒いよ〜」


鴎外「前にも似た様な事を言っていた記憶があるのであるが…… この時期、寒いのは仕方が無いのである。

それよりも掃除をサボっていると、後でウルネ殿の雷が落ちるのである」

ノレンガルド「そうだね…… じゃあ鴎外、手分けしてやろうか。 

早く終わらせて、こたつでゆっくり寝よう」

鴎外「同感、なのである。 では、我輩は甲板の後ろ側を……」

SE:ピンポーン

?「ごめんください〜」

鴎外「? お客様なのであるな」

ノレンガルド「そうだね…… ちょっと待ってて」

 というなり、ノレンはインターホンの所へ向かった。




インターホンからの声「あら、その声はノレン君ではないですか。

紀伊御坊アリサです。お久しぶりですわね」


ノレンガルド「あ……アリサ先生。 お久しぶりです〜」

鴎外「アリサ『先生』?」

ノレンガルド「うん。 僕に経理のイロハを教えてくれた先生で、ジークお姉ちゃんのお友達だよ。

物凄いお金持ちでね……ジークお姉ちゃんが病気の時は僕、何故かアリサ先生の所に預けられちゃたんだ。

その預けられた時に、アリサ先生が経理の事、色々と教えてくれたんだよ」

鴎外「成る程…… ノレン少年が経理に明るいのは、そういう環境があったからなのであるか……

それにしても何ゆえウルネ殿が病の時、ノレン少年が他家に預けられなければならなかったのであるかな?」

ノレンガルド「よくわからないけど…… ジークお姉ちゃんが前に『父さんも母さんも姉さんも、みんなしてノレンを甘やかすんだから!』って怒鳴っていたのを聞いたことがあるから……

それが関係しているのかもね」

鴎外「なるほど…… 病に倒れたウルネ殿が、ノレン少年が好き勝手しないように策を巡らしたのであるか……」

ノレンガルド「そうかもね……」


アリサ「あの……ノレン君、どうかしました?」

ノレンガルドの声「ああ、ごめんアリサ先生。 でも、アリサ先生の方からうちに来るなんて珍しいね」

アリサ「珍しいどころか、フロース姉さまの庭を訪れるのはこれが始めてですわ。

ちょっとフロース姉さまと『ビジネス向きの話』がしたいので…… 中に入れてくださる?」

ノレンガルドの声「うん、いいよ。 ちょっと待っててね」


戦闘庭フレイヤ・艦橋


こうや「ねえねえ艦長。あそびましょ〜」


りんかん「あそぼ〜よ〜 艦長〜」


フロースヒルデ「ごめんね、二匹とも。 今はそんな気分じゃないの……」

こうや&りんかん「え〜 なんで〜」


元帥「いま、ちょっとフロースちゃんある事で落ち込んでいるから…… 

藍副長、悪いけどこうやちゃんとりんかんちゃんの相手をしてあげて」


藍副長「はい、わかりました。 では二匹とも、ここにいると邪魔になりますから、居住区の方に移動しましょう」

こうや&りんかん「は〜い」




ミュー「しかし、リング名声値200じゃイベントすら始められないとはな……フロース」

フロースヒルデ「そうね…… しかし、名声値5225はいくらなんでも遠すぎる……」

ミュー「予想より必要名声値は多いが、地道にやるしか無いんじゃないか?」

フロースヒルデ「そうね…… そうするしか……」


ノレンガルド「あ、フロースお姉ちゃん。 今アリサ先生が来て、フロースお姉ちゃんに会いたいって」

フロースヒルデ「アリサちゃんが? 一体何の用かしら?」

ノレンガルド「『ビジネス向きのお話がある』って言ってたよ」

フロースヒルデ「ビジネス向きの話……一体何かしら。

まあ、いいわ。 ここへ通して頂戴」

ノレンガルド「うん、わかった」



フロースヒルデ「戦闘庭フレイヤへようこそ、アリサちゃん」


アリサ「フロース姉さまも無事にLv99に到達できたようで…… まずはおめでとうございます」

フロースヒルデ「ありがとう、アリサちゃん。

で、今回の用向きは一体何かしら?」

アリサ「昨日ウルネさんに聞きましたが、何でもフロース姉さま、飛空城を欲しているとか……」

フロースヒルデ「ええ。 でも、私の個人的に作ったリングでは名声値が圧倒的に足りなくてね……」

アリサ「そのようですわね。 ウルネさんも昨日、そう仰られていましたわ。

で、私から一つ提案があるのですが……」

フロースヒルデ「提案?」


アリサ「飛空城、私とフロース姉さまと共同で所有しませんか?

フロースヒルデ「共同所有…… 願っても無い話だけど、いいの? 本当に?」

アリサ「よくなかったら、始めからこの話はしませんわ。

私の会社には名声値と資産こそありますが…… 本業が鉄道会社である為、飛空庭の運用実績はそれ程あるとはいえません。

その点フロース姉さまであれば、南軍で戦闘庭の運用実績が豊富ですから…… 私としても安心して、飛空城の運用を任せられますわ」

フロースヒルデ「成る程…… 要するに維持管理はアリサちゃんが担当して、私は城の運用を担当すると」

アリサ「はい。 なお、城の装備に関する事も、フロース姉さまに一任致します。

で、フロース姉さま…… この話、受けて頂けるでしょうか?」


フロースヒルデ「もちろん、OKよ。 断る理由は無いわ」

アリサ「ありがとうございます、フロース姉さま。

さて、今後の予定ですが…… フロース姉さま、当面は材料だけ確保しておいて、実際の城建造は待ったほうが良いと思われます」

フロースヒルデ「待ったほうがいい?」

アリサ「簡単な理屈ですわ。 なぜなら、現状では(Saga12実装翌日時点では)城部品の製造を担当しているスナブ氏も『見下ろす男』氏も……」


アリサ「一言で言ってしまえば『歩く焦げ付き債権』ですからね。

頼まれた物の製造を2桁連続で失敗するなど、技術者としては四流もいい所ですわ(2010/12/22のアップデートで、成功率はある程度上昇しています)」

フロースヒルデ「うう、そうだった…… 部品の製造、失敗することもあるんだった……」


フロースヒルデ「アリサちゃんの言う通り、彼らがまともに部品を組めるようになるまでは、部材を渡すのは止めておきましょう」

アリサ「そうですわね。 もっとも、彼らが100%部品を組めるようになる保障はありませんから……

部材はある程度多めに確保しておいた方がいいでしょう」

ソル(書記)(うう…… どうしよう……。

私、ドミ界ではそんな四流技術者(=スナブ嬢)に体のカスタマイズを任せていたんだ……)


ソル(この会議が終わったら、大至急機関長に体の整備してもわらなきゃ……

                       BACK